Neil and Rush and Me

Neil PeartのドラムとRushの音楽をこよなく愛する大学教員の日記(雑記)帳です。

英語論文の改訂

終日、英語論文(マルサス&ペイン)の改訂作業。かなり捗った。

この英語論文。2012年9月に最初の研究報告をフランス(コルシカ)で行ってから、そろそろ5年になろうとしているのに、いまだに公刊できていない。その間、合計6回*1もの研究発表(国際学会・ワークショップへの参加)の機会があり、発表のたびに加筆修正を繰り返してきたし、海外ジャーナルにも2回投稿したのだが、なかなか査読をパスできない。いきなりリジェクトを食らったわけではなく、加筆修正のうえで再投稿を求められたわけだが、レフェリーのコメントにきちんと応答できるような加筆修正が結局うまくできなかった。悔しいし、情けない。まだ力不足なのだろう。場数不足なのだろう。今年度こそ、本当に今年度こそ、査読をパスし、公刊へと漕ぎつけたい。

*1:コルシカ(ヨーロッパ経済学史学会・日本経済学史学会合同会議)、パース(オーストラリア経済学史学会大会)、名古屋(南山大学国際ワークショップ)、横浜(国際功利主義学会大会)、京都(龍谷大学国際ワークショップ)、上海(英国経済学史学会大会)。