Neil and Rush and Me

Neil PeartのドラムとRushの音楽をこよなく愛する大学教員の日記(雑記)帳です。

五十肩の悪化

いつものように息子を幼稚園バスに乗せてから出勤する。通勤電車(往路)の中で経済学史学会東北部会(5月29日)の報告原稿をチェックしていたら、突如として改訂ポイントが思い浮かんだので、研究室到着後の30分ほど一気呵成に書き進める。毎度のごとく「思い立ったが吉日」「鉄は熱いうちに打て」である。

2限、大学院(英書講読)。僕が仕掛けた罠にみんな相変わらず引っかかってくれるものの、受講生1人1人が着実に力をつけてきているのがわかる。中国人留学生が本当によく頑張っている。英語で読んで日本語に訳すわけだから、日本人学生よりも何倍もしんどいわけで。

先週に引き続き12時40分にZoomを開き、2回生のためのゼミ説明会を開催するものの、参加者数のわりに質問がほとんどなくて、何とも空虚な時間を過ごす(これのために30分しかない昼休みに超特急で昼ご飯を食べたのに・・・)。そのまま3限の3回生(20期)ゼミへ。見学者がさらに増えて20名超に達したものの、去年と比べるとずいぶんおとなしい・・・と穏当に書いてしまったが、悪く書けば、積極性に欠ける(嘆)。当ゼミとしては、もっと出っ張るタイプ(NG同調圧力!NG指示待ち人間!)の学生を大募集中なのだが。しかも、半分以上が授業中に途中で黙って消えて(抜けて)しまうし。参加型のゼミでこんなことをされると、ゼミの進行上、大きな支障になるわけで、せめて「ありがとうございました」「おじゃましました」「・・・のために途中退室させてもらいます」の一言くらいチャット欄に書いてから(それが難しければ授業後でもかまわないが)去れないものか。その種のことが自然とできる/できないだけでも、人間力を測る十分な指標になる。どれだけ他者の立場になって自分の行動を選択できるか、ということが試されているわけで。

4・5限、経済学説史の次回授業の音声教材の収録。東北部会報告原稿改訂作業の続き。今日も1日があっという間に過ぎる。

夕刻が近づいた頃、右肩に異変を感じる。ロックされたかのように動きが鈍い。おそらく遠隔の授業・会議の増加によって五十肩が悪化したのだろう(泣)。帰路、天六の整体院に立ち寄り、ほぐしてもらう。今日はいつもにましてカチコチで、整体師さんにはご苦労をおかけした。長引くコロナ禍のため、天神橋筋商店街には空きテナントが次第に目立つようになってきた。こういう風景は不穏なのであまり見たくない。一刻もはやく収束して欲しいものだ。

何はともあれ、明日1日頑張って9連勤を乗り切れば、明後日と明々後日(土日)は休みである。*1先週の土日は2日間とも仕事だった。そのせいで今週はいつもにましてしんどい。

【5938】

*1:「休みか・・・何もかも皆なつかしい」(沖田十三?)。

アリナミンV

息子を幼稚園バスに乗せて、10時前に大学に到着。研究室にて仕事メールの返信を1時間ほど。11時に教員組合室へ移動。「委員会準備→委員会本番→法人代表(理事長他)との面会→三組合(教員・教諭・職員組合)間での打ち合わせ*1」と続き、これら終えた時点で17時半。だが、ここで帰宅させてもらえないのが最近の僕である。研究室に戻った何と5秒後に机上の電話が鳴り(事務方Tさんからであった)、GoLDプログラム関連の打ち合わせ&メール送信をすませたら、19時半を過ぎていた。*2最近はこんな毎日ばかり。呪われているかのよう(もちろんTさんへの恨みはまったくない)。何とかならないものか。

実は委員会の最中、何度が意識が飛びかけた。疲労と睡眠不足*3が原因である。さすがに理事長の面前で意識が飛ぶのはヤバいので、禁断のドリンク(アリナミンV)を飲み、脳を無理やり活性化させて、何とか乗りきった。だがさすがに毎回使える手ではないな。

【7463】

*1:三組合間での打ち合わせで、4年間研究推進部で同じ釜の飯を食った事務職員Iさん(職員組合)の姿が。

*2:今日は5限の大学院の授業ができないことが事前にわかっていたので休講とした。来週火曜に補講の予定。

*3:と言っても、昨晩は6時間眠った。だが僕の体が「それでは足りない」と言うのである。

継続は(おそらく)力なり

疲労が醜く、息子を幼稚園バスに乗せた後、自宅へ戻って小1時間ほど二度寝。10時前にようやく自宅を出る。研究室にてワークショップと20期ゼミの準備(含動画編集)、経済学説史の音声教材の収録、大量のメール返信、等々。

この1か月ほどは千里山奉職24年目にしておそらく最も忙しい。これまでであれば、ロシア語の勉強のほうは完全にストップしていただろうが、今回は違う。「1-3月にあれだけ頑張ったので、せめて現状維持できる程度には勉強を続けたい」と強く思っているからだろうか、何とか細々と勉強を継続できている。NHK・Eテレ「ロシアゴスキー」の視聴は何とか続けられているし、通勤電車で(復路はダウンしがちで往路のみが多いが)20-30分程度はこの本を読んで初級文法と基本的な単語を復習している。

初級ロシア語文法

初級ロシア語文法

  • 作者:黒田 龍之助
  • 発売日: 2012/01/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

大好きな黒田さんの本。読み物風に楽しく書かれているので、少しくらい疲れていても1日数ページなら何とか読み進められる(『ロシア語四週間』は内容がハードすぎて読む進められなかった)。今日の時点で約400ページのうち150ページくらいまで。ロシア語の勉強は楽しいし、今やコロナ禍で不自由な生活を強いられている中での数少ない気分転換の1つになっている。

【7165】

ワークショップのZoom生配信授業(初回)

相変わらず猛烈に忙しい。何とかならんのか、これ。

息子を幼稚園バスに乗せてから大学へ。10時前に到着。今日は5限にワークショップのZoom生配信授業の初回があり、その準備のための時間が全然足りない。去年は去年でたいへんだったが、最初から全15回が遠隔だとわかっていたので、それを想定して授業を早めに準備できて、その点でまだ楽だった。今年は一度組み立てた授業内容を(2回だけ対面授業を行った後に)いったん壊して、一から突貫工事で組みなおすはめになったので、去年よりも何倍もしんどいのだ。

10時40分から12時半まで教員組合の三役会議(Zoom)。けっこう長く濃密な議論になった。終了後に昼休み(昼食)なのだが、ワークショップ(1回生)関係のメール(不備による再提出or締切を経過した課題の提出)が次々と届き、まったく休憩にならない。不備のほうは、添付忘れ、添付ファイルの破損、リンクの誤消去、返信メールの受信拒否など、初歩的なトラブルばかりだが、個別対応を強いられるのがしんどいところ。この種のトラブルは毎年起こる(想定内)ので、それを未然に防ぐために具体的な注意喚起を行っているのだが、それを適当に聞き(読み)流す学生が毎年クラスに必ず5-6名はいる。その5-6名のために時間と労力がどんどん奪われていくわけだ。こちらが返信したメールを読みもせず、問い合わせメールを遣してきたりするので、本当に勘弁してもらいたい。どれだけ時間があっても足りない。でも、これが1回生なのだ(嘆)。

4限、19期(4回生)ゼミ。卒論構想発表(中間報告)の1回目。この時期にしてはかなりクオリティが高く、安心して聴くことができた。さすがは4回生! この学年は普通にやればできること(そもそもできそうにないことはさせないが)を手抜きなくきちんと丁寧にやってくれる。これこそが社会人として求められる仕事のやり方だよな。

5限が今日のメインイベントであるワークショップ。授業内容を具体的にどうするか、かなりギリギリまで迷っていたわけだが、提出課題を教材として用いることを優先して、「プレゼンテーションの技法」をテーマとする授業を行うことにした(次回も)。自己紹介動画にプレゼンテーション・スキルの観点から相互コメントをほどこすことを課題とした。それによってクラスのメンバーの顔と名前を自然と覚えられるだろうし、対面授業再開後に予定されているグループワークへもスムーズに移行できるはずだ。逆に言えば、自己紹介前に遠隔授業へ変わってしまったので、いきなりオンライン(Zoomのブレイクアウトルーム)でのグループワークは難しいだろう、と考えた次第だ。

5限終了の時点で意識が朦朧とするほど疲労困憊していたのだが、明後日が科研費の実績報告書の学内締切であるために、残業して作成作業に従事する。20時半前にようやく完成させ、研究支援グループ(科研費担当)に送信する。帰りの電車の中で意識が消えた。

睡眠負債(寝不足)が蓄積されつつある。まずいことはわかっているのだが、平日は睡眠時間を削らないと仕事がこなしきれない状況に陥っている、

【4828】

明日からワークショップはZoomによる生配信授業だが・・・

日曜日だが、昨日に引き続き仕事日。10時から経済学史学会常任幹事会。結局15時半までかかり、今日はこれだけでほぼ終わってしまったような感じだ。子どもたちのはさみ将棋の対戦相手を軽くしたら、あっという間に風呂と夕食である。外出なし。

明日から5限のワークショップはZoomによる生配信で行うが、現時点(5月9日20時30分)で、それに関する連絡を24名中14名しか読んでくれておらず、「ほんまに大丈夫かよ・・・」とため息が出る。去年のワークショップでも履修生全員がZoom教室に入室できるまでに3回を要した。*1課題(自己紹介動画)未提出の3名は、当然のことながら、こちらからの連絡すべてに関して「未読」状況が続いている。ワークショップに関しては、ネット上にクラスページを(LMS不調時のバックアップを兼ねて)別途設置しており、そちらからも授業に関する情報を発信している。そのクラスページには初回の授業時間中にアクセスさせており、万が一LMSが不調でも、この授業に関する情報はすべて入手できるようになっている。ここまで十分なサポート体制を整えても、授業のことを脳裏からすっかり脱落させている学生が少なからずいるわけで、彼らに対しては当然のことながら今後厳しく対応・評価せざるをえない。

久々にダンベル2セット、腹筋2セット。調べてみたら昨年8月16日以来のようだ。録画していたNHK・BS1「大相撲どすこい研 優勝決定戦」(5月5日放送)を視聴する。ものすごく良かった。半永久保存版になりそうだな。

【0】

*1:去年はZoom生配信授業初回の4/20が全24名中18名出席、2回目の4/27が24名中23名出席、3回目の5/11にようやく24名全員出席。

ワークショップのメニューで試行錯誤

土曜日だが某対面会議のため出勤日となる。緊急事態宣言発令以降、職場で人とじかに会って話す機会が教員組合の三役会議以外ほぼゼロになってしまっているので、いつもなら面倒に思う今日のような出勤もむしろ新鮮に感じられる。業務終了後、明後日(月曜日)のワークショップ(1回生向け入門演習)の授業の準備。どんなメニューにするべきか、ここ数日悩みに悩んだが、対面授業が比較的早期に再開される可能性を(希望的観測込みで)高く見積もって、それまでの「つなぎ」「ウォーミングアップ」的な内容でやりくりことをようやく決めた。LMSからの連絡をまったくキャッチできていない受講生が数名おり、去年の例だと全員がZoom教室に入室できるようになるまで3週間くらいかかったので、さすがに明後日から本格的な内容の授業を行うのは難しいと判断した。しかし、そのような「つなぎ」「ウォーミングアップ」的な内容の授業を5回も6回も続けるわけにはいかないので、遠隔授業が6月以降も続くようであれば、またメニューを考え直さなければならない。試行錯誤が続く。2回生からのゼミについての問い合わせメールが、昨日1名、今日2名。

【8088】

早くも疲労困憊

大学院3コマ(オンライン)。その合間を縫って、経済学史学会東北部会報告原稿の手直し、経済学説史の講義資料作成、ワークショップの課題未提出者への対応など(←昨日と同じやないか・・・)。

ワークショップの課題は、本来の締切(5月5日23時59分)にきちんと提出できたのが全24名中18名。救済のために締切を2日延長した(5月7日23時59分)が、提出したのは残り6名中3名で、最終的に3名が未提出に終わった。6名にはLMSを通じて注意喚起したのだが、最終的に未提出の3名は「未読」の記録が残っており、もはや教員としてはどうしようもない。遠隔授業期間中はLMSが唯一の連絡手段なのに。5月10日からZoom生配信で授業を行うにしても、今のままではこの3名にZoomのURLが伝わりそうにない。コロナ禍での遠隔のワークショップが(特に精神的に)しんどいのは、この種の個別対応がendlessになりかねないこと。

緊急事態宣言が延長され、5月いっぱいは遠隔授業が続く模様だ。ほんまにワークショップをどないしよ? 今週は今日でまだ勤務2日目だが、早くも疲労困憊している。なんでこんなに疲れるの? こんなタイミングで、明日も仕事、明後日も仕事。ひえ~。

【5748】

伯母が亡くなる

唐突に今朝7時半に母から電話。伯母(母の姉)が今朝5時過ぎに亡くなったとのこと。脳こうそくで倒れて、この1, 2年闘病生活が続いていたが、ついに帰らぬ人となった。(妻側ではなく)自分側の身近な親族が亡くなったのは、おそらく2003年に父が亡くなって以来ではなかろうか。伯母は母と本当に仲が良く、僕の幼少期(4歳まで)には家が隣り同士だったくらいで、僕自身にとっても最も身近な親族の1人だった。結局コロナ禍で一度もお見舞いに行けず、お葬式にも参列できそうにないので、今は心の中で静かにご冥福をお祈りするしかない。こういう時、距離的に離れて暮らしていると、自分の役立たずさを痛感させられる。結局何もかも母と妹に任せきりになってしまった。

オンライン(Zoom)の授業が2コマ。2限、大学院。3限、20期(3回生)ゼミ。2回生の見学者が5名。緊急事態宣言が解除されれば、来週の授業から対面授業を再開できるはずなのだが、どうも解除されずにそのまま延長されそうだ。嫌だなぁ。

4限以降は、経済学史学会東北部会報告原稿の手直し、明日の授業の準備、経済学説史の配布資料作成、ワークショップの課題未提出者への対応など。

今日の体調は良好。疲労蓄積時のいちばんの対策はやはり良質な睡眠を多くとることだな。このたびの5連休はそのために大いに役立ってくれた。毎日眠りたいだけ眠らせてもらった。こんなにも体が眠りを欲していた事実に自分でもびっくりしてしまった。

【5014】

ワークショップの課題の提出

大型連休最終日。生憎の雨天のため、日中は自宅で子どもたちとDVDを観る、坊主めくりをするなど。外出なしは避けたかったので、夕刻子どもたちを連れて銭湯へ。銀座湯が定休日のため、百万遍の東山湯へ。おそらく初めて(あるいは、30年ぶりくらいの2, 3回目かも)。ぬるめのお湯がとても気持ち良く、息子はこちらを気に入ったが、娘は設備の新しい銀座湯のほうがお気に入りのようだ。徒歩圏内に銭湯がまだ何軒も残っているのも、京都で暮らすうえでの隠れた魅力だ。

今日の23時59分を経済学ワークショップ1の最初の課題(自己紹介動画 including ビブリオバトルプレゼン)の提出締切に定めているのだが、昨日までに提出済なのは全24名中10名で、案の定、今日になってようやく尻に火が点いて仕上げている様子がありありと伝わってくる。LMSには誰がいつ授業動画を視聴したのかが記録されるが、4月24日の授業動画を今日の23時前から視聴しているツワモノもいる。締切まで1時間しかないのだが。そして、これも想定内だが、添付忘れ、ファイル破損等、送信上のミス・事故も多発している。容量の大きいファイルを関大ファイル便やOneDriveなどを用いて送れるようにすることも、この課題を通じて学ぶべき内容の一部なので、送信ミスは練習の一環として多少は大目に見てやるつもりだが、これまで使ったことのないシステムを使うわけだから、どうして早めに試しておこうと思わないのかねぇ。20時以降はずっとこの提出課題の(開く/開かないの)チェックに時間を奪われる。

ワークショップの授業を今後どうするべきか、かなり迷っている、悩んでいる。いつ対面授業に戻るのかがわからない状況で、場合によって最後の数回だけ対面、あるいは残り授業すべて遠隔の可能性もある。学生間の横のコミュニケーションは、すでに顔見知りであればゼミのようにZoomでも一定のレベルを担保できるが、自己紹介すらすませないうちに遠隔にシフトしてしまった。少なくともあと数回は遠隔が続くだろう。果たしてどんなふうに軌道修正すればよいのやら・・・。

【2381】

Toshihiro Tanaka, Japan and the Study of the History of Economic Thought

昨年4月2日の日記*1で触れた故T中敏弘先生の最後の著作Japan and the Studies of the History of Economic Thoughtの書評がHistory of Economics Review誌(HETSA[=オーストラリア経済学史学会]の学会誌)に掲載された。今日の時点ではopen accessで、全文を読むことができる。

https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/10370196.2021.1904175?src=

この書評の最終段落に、

The book concludes with Chapter 26. Fittingly, this is an expression of condolences on the passing of Peter Groenewegen on 4 May 2018. Tanaka praises him for his outstanding scholarly contributions, for his willingness to engage with scholars, and for his generous personal guidance and support. Undoubtedly sentiments echoed the world over.

とあるが、その追悼文は僕が英訳して、一昨年10月3日にHETSAのconference dinnerの席で代読したものである。*2。準備段階から関わっていたので、それなりにたいへんな仕事であったが、それがこのように実を結んでくれて、苦労も報われるというものである。

書評がこんなにも早く出たのは、HETSA会長のAlex Millmowさんの並々ならぬご配慮のおかげであろう。彼は日本人研究者との関係を本当に大切にしてくれる。今や僕とAlexさんとの間にはかなり強い個人的な信頼関係が構築されつつある。それが日豪両学会の今後の学術的交流のさらなる活性化につながってくれることを期待したい。