Neil and Rush and Me

Neil PeartのドラムとRushの音楽をこよなく愛する大学教員の日記(雑記)帳です。

今学期最終週の授業

いよいよ今学期の最終週(15回目)の授業。

3限、18期(3回生)ゼミ。沖縄合同ゼミ前の総仕上げ・・・と言ってもプレゼンの完成度は低く、ようやくテーマが決まった程度。本番まであと10日ほどしかない(しかもその間の大半は期末試験)のだが、果たして大丈夫だろうか。

5限のワークショップは質問タイムとして研究室に待機していたが、結局誰も来なかった。休講ではないのだがなぁ。もっと教員を上手に利用して欲しい。

合間の時間はひたすら仕事関係のメール処理。経済学史学会の企画交流委員会と常任幹事会、沖縄合同ゼミ、経済学方法論フォーラム、4回生のゼミ生の卒論執筆プランへの返信、等々。

【7135】

ひらがなポーカー

午前中は参議院選挙の投票に行き、そのついでに近所のスーパー(ライフ)で買い物をすませる。午後は、妻と息子の昼寝中、娘とオセロとひらがなポーカーで遊ぶ。

ひらがなポーカーBOOK ([バラエティ])

ひらがなポーカーBOOK ([バラエティ])

オセロの場合、普通にやるとどうしても大人と子どもの能力差が出てしまい、たまに娘を勝たせてやるために親のほうが手を抜かねばならないのだが、ひらがなポーカーにはそういう気遣いは不要。勝ち負けなどどうでもよく、ゲーム中の大笑いのほうが主役だからだ。今日やった「ひらがな宝さがし」は特に面白くて、引いたカードに書いてあるひらがなで始まるものを探して持ってきて、いちばん初めに持ってきた人が勝ち、というゲーム。最初に娘が「そ」のカードを引いたので、僕が掃除機を探して運んで来て、僕が勝ってもお互いにお笑い。「は」の時は娘がすぐに「はぶらし」を持ってきて、僕が負けてもお互いに大笑い。楽しかった。一通り娘と遊んだ後、僕は散髪に。夕食は家族で近所の焼肉店「なり田屋」へ。

報告要旨の英文校閲が戻ってきたので、さっそく国際アダム・スミス学会のエントリーをすませる。ここのところあまりにも多忙な毎日が続いていたため、一時は暗雲がたちこめたが、隙間の時間をフル活用して作業を地道に進め、最終的には8月10日の締切まで2週間以上も時間的余裕を残せた。

【2472】

ボリショイサーカス@島津アリーナ京都

ロシアのボリショイサーカスが今日から京都に来ており、家族4人で見に行った。サーカスは3年半前に木下大サーカスを大阪まで家族(当時は3人)で見に行ったが、それ以来となる。

f:id:nakcazawa:20190720212356j:plain

サーカス初体験の息子は最初から大興奮だったが、興奮で疲れてしまったようで、2時間の公演時間の半分くらいは(かなりの大音量だったにもかかわらず)眠っていた。サーカス初体験が3歳半だった娘と比べると、息子はまだ2歳4か月だから仕方ないかな。

木下と比べると、オートバイショーのような超ど派手なアトラクションはないものの、さすがロシアと言うべきか、動物ショーがたいへん充実していた。猫をあそこまで調教するのは大変だろうな。また、衣装の早変わりがすごくてビックリ。

娘のトイレに付き添った際、娘は僕を待たせたまま別の通路から一人勝手に席へ戻ってしまい、僕はトイレの近くでひたすら娘を待っていたため、いちばんのお目当ての空中ブランコを家族で一人だけ見ることができなかった。父親の悲哀と言うべきか。

遅めの昼食を河原町御池の中華料理店「雄」でとったが、そこで食べた麻婆丼がとてもおいしく、空中ブランコを見れなかった悲哀はそこで埋め合わせられた。

【2501】

今日も原稿執筆に励む

今日も会議がなく14時半まで自由に使える貴重な日。国際スミス学会のエントリー原稿の執筆に励む。初稿らしきものができあがる。4限、期末試験の監督業務。5限、大学院。

【6738】