Neil and Rush and Me

Neil PeartのドラムとRushの音楽をこよなく愛する大学教員の日記(雑記)帳です。

卒論集印刷&修論口頭試問

午前中は17期生の卒論集の印刷。18期生MRTMさんの手助けがたいへんありがたかった。Cape Codeで昼食をごちそうする。午後は修士論文の口頭試問。2論文の副査を務める。終了後、図書館で調べものを少し。掲載が決定した拙稿の最終稿をジャーナルの編集委員会へ送付。*1学会関係の大量のメールを一気に処理。今日も実に忙しい1日だった。授業がないのに、なぜこんなに忙しい?

明日と明後日は研究会参加のために仙台へ出張。今日の関西の寒さが明日の仙台でどうなっているか、ちょっと不安である。

【8990】

*1:これでこの仕事は一段落。あとはゲラの校正のみ。編集委員会から良質のコメントをもらえたおかげで、意味のあるrevisionができたし、満足度の高い今回の投稿だった。

確定申告書類の作成を終える

雨天+京都マラソンで、外出がままならない1日。わが家のすぐそばが京都マラソンのコースで、交通規制がすさまじいのだ。結局、夕方に一瞬近所のスーパーに買い物に行った以外は、昼寝を交えつつ自宅でのんびり過ごす。

子どもたちの就寝後、確定申告書類の作成。去年は久々の作成ということで勝手を忘れて手間取ったが、今年はすんなり作成を終えられた。明日からしばらくの間仕事のスケジュールがタイトなので、左京区役所に行けるのは2/21か27くらいしかなさそう。

【1647】

掲載決定!

午前は新しい論文(6月末のマルサス学会のシンポジウムで報告予定)のビブリオ(参考文献一覧)の作成。

午後は研究推進部の会議、学部教授会、経済学会懸賞論文の審査会。弊ゼミから応募した3本の卒論のうち2本が入賞(3等1本、佳作1本)した。そのこと自体は喜ばしいが、僕自身が最も高く評価していた残る1本が選外という結果に終わり、何とも複雑な心境である。

帰宅直前に、先ごろ*1再投稿した拙稿(改訂稿)が某ジャーナルにアクセプトされ掲載が決定したとの朗報が届く。英語論文が活字になるのはこれが5本目。素直に喜びたい。

【8024】

Larks' Tongues in Aspic Part II

午前中は久々のバンド練習。King Crimsonの代表曲かつ超難曲のLarks' Tongues in Aspic Part IIに初挑戦する。ドラムを叩き始めて35年超。これまで何百回(何千回?)聴いてきたのかわからないほど偏愛してきた曲であり、「この曲を演奏したい!」という僕の提案を、ギターのMRさん、ベースのHMさんが快諾してくれたのだ。感謝。*1しかし、いざ一緒に音を合わせてみると、想像していたよりもはるかに難しい。難曲なのはわかっていたが、ここまで難しいとは。曲構成も変拍子も複雑きわまりない。しかし、John Wettonのベースラインが絶品で、このメロディーに合わせてドラムを叩けることはまさに至福の喜びである。何度か失敗して中断しながらも、最後にようやく一曲全体を通してきちんと合わせることができた。

午後から大学へ。マルサス学会シンポジウムの報告要旨の作成など。大阪に出張中の番外ゼミ1期生OKMT君来訪。

【7935】

*1:ドラムにおけるわが師、RushのNeil Peartが亡くなってから、1か月以上が過ぎたが、もちろん僕の心の中はいまだ喪中であり、これは決して浮気ではない。CrimsonのBill Brufordも、Neilに劣らずわが音楽人生に巨大な影響を及ぼした名ドラマーである。

極秘業務

朝一で京大病院呼吸器内科へ。昨年11月13日に主治医から食事メニューの改善を強く勧められて以来の問診となる。-4.4kgという結果を大いに褒めていただけた。便秘の改善は食事量の減少ばかりでなく内臓脂肪の減少(→消化能力の向上)も大きいのではないか、というお話だった。

正午少し前に大学に到着。午後は某極秘業務に従事する。その合間に生協に行き、卒論集の製本代の見積もりを出してもらう。あっという間に1日が終わる。

息子の仮面ライダー変身ベルト熱はますますヒートアップ。BANDAIさんの術中に完全にはまってしまった。

【9045】

クラシックレゴと仮面ライダー変身ベルト

休日。日中は京阪電車に乗って家族四人でくずはモールへ。たまたまトイザらスが入っていて、最近は仕事が忙しくて子どもたちと一緒におもちゃ売り場に行ってあげられる機会もあまりないので、もともとの予定に入ってなかったが、娘にクラシックレゴを、息子に仮面ライダーの変身ベルトを買ってやった。息子にとっては、1か月ほど早く3歳の誕生日プレゼントをもらったことになる。

f:id:nakcazawa:20200211231721j:plain

念願の変身ベルトを買ってもらえた喜びで興奮しすぎたのか、息子は帰りの電車の中で眠ってしまい、結局僕が担いで最寄駅から自宅まで運ぶことに。15kgはなかなか重量感があるね。眠りから覚めた直後の息子を妻が写真に撮ってくれた。

f:id:nakcazawa:20200211224104j:plain

帰宅後、変身ベルトをつけた息子は、どうしても外したくなくて、「お風呂に入らない」と言い出す始末。無我夢中とはまさにこのこと。

子どもたちの就寝後、確定申告の書類作成。

【5398】

ダイエットの軌跡(途中経過)

休日。外出は昼食時に荒神橋の新福菜館へ行った程度。あとは自宅でのんびり過ごし、疲労回復に努めただけ。特筆すべきことがないので、代わりにダイエットの軌跡を記しておく。

  • 2019/09/23 人間ドック受診・人生MAX体重を記録
  • 2019/11/13 人間ドックの数値が悪化していたため京大病院の主治医から食事メニューの改善についてのアドバイスを受ける(ダイエットを本気で開始)
  • 2019年11月末 -1.5kg(対MAX比)
  • 2019年12月末 -3.3kg
  • 2020年1月末 -4.0kg
  • 現在 -4.4kg

現時点では、見た目にさほど大きな変化はないように思われるものの、きつかったズボンのウエストがかなり楽になったことは確かだ。とはいえ、対MAX比で4.4kg減くらいでは、自己ベストをまだだいぶ上回っている。ダイエット道は to be continued である。

【2171】

「経済学説史2」採点結果

前期入試最終日。入試業務に従事する。その前後の時間を利用して、研究室で経済学説史の期末試験の採点を進める。ようやく全192枚すべての採点を終える。こんな結果になった。

履修者206 / 受験者192 / 秀4 / 優14 / 良49 / 可108 / 不可17 (受験者の合格率91.1%)

例によって、過去の採点結果と比較したい。

  • 2018年度:履修者318 / 受験者287 / 秀17 / 優49 / 良67 / 可149 / 不可5 (受験者の合格率98.2%)
  • 2017年度:履修者297 / 受験者280 / 秀14 / 優30 / 良63 / 可140 / 不可33 (受験者の合格率88.9%)
  • 2016年度:履修者233 / 受験者221 / 秀7 / 優22 / 良56 / 可121 / 不可15 (受験者の合格率93.2%)
  • 2015年度:履修者178 / 受験者165 / 秀3 / 優24 / 良61 / 可65 / 不可12 (受験者の合格率92.8%)

去年より合格率が下がったが、例年の成績分布の範囲内に収まっており、成績調整は行わない。不可17名のうち8名のレポートには、ネット上の情報からの盗用が含まれていた。遺憾である。

【8164】