Neil and Rush and Me

Neil PeartのドラムとRushの音楽をこよなく愛する大学教員の日記(雑記)帳です。

京都府3日連続最多更新

今朝も寒い。京都は粉雪が舞う。どんどん厚着になっていく自分。午前、TNK先生退職記念号論文再校ゲラの校正(終了→印刷所へ返送)。同僚GTさんとGoLD(国際化)プログラムに関する意見交換。午後、マルサス学会年報論文の執筆。なかなか書き進めることができない。天六のマッサージに立ち寄ってから帰宅する。

「京都府 新型コロナ 新たに1320人感染確認 3日連続最多更新」との報道。いったいどこまで増えるのあ? わが家はいつまで平和でいられるのか?

【9289】

京都府で過去最多の1024人が新型コロナに感染

今日も寒い。粉雪が舞う。午前、UEMR先生退職記念号論文ゲラ校正(昨日の続き→印刷所へ返送)。午後、研究支援課・人事課に出向いて事務処理、同僚NSMRさんとGoLD(国際化)プログラムに関する意見交換、19期生卒業論文集の編集(途中)、マルサス学会年報論文の執筆再開(途中)。ロシア語の勉強は『これならわかるロシア語文法』の138ページまで(全381ページ)。

京都府で過去最多の1024人が新型コロナに感染したとのニュース(大阪府も過去最多の5396人)。いまだ身内から感染者は一人も出ていないが、すぐそこまで忍び寄ってきている恐怖感がある。自分は肺に基礎疾患を有する身。これまで以上に注意を怠らないようにしないと。

【10664】

2021年度学部授業終了

「シラバス入力(完了)→組合三役会議→21期(2回生)ゼミ→UEMR先生退職記念号論文ゲラ校正→19期生卒論集編集(開始)」という1日。16時過ぎから猛烈な眠気が襲ってきて仕事にならないので、観念して18時過ぎには帰路につく。今日で2021年度の学部授業は終了である。後は金曜日の大学院を残すのみ。

後で知ったことだが、20時20分ごろに阪急京都線で人身事故があり、千里線・メトロ堺筋線を含めて2時間以上運転見合わせとなったようだ。普段と同じ時刻(20時30分前後)に大学を出ていていたら、今日のうちに帰宅できないところだった。ラッキーだった。それにしても阪急京都線って人身事故が多いね。

【7474】

来年度担当授業のシラバス入力

昨日と今日は大学入学共通テスト(旧センター試験)だが、幸いにも他の入試業務との関係により非番で、結局今日も昨日と同様に昼前まで爆睡してしまう。齢のせいにはしたくないが、本当に疲れがなかなか抜けない体になってしまったな。

午後、妻と子どもたちが(友だち&お母さんと)御所へ遊びに行ったので、久々に一人でカフェ・ヴェローチェにてロシア語の勉強。『これならわかるロシア語文法』の127ページまで(全381ページ)。

夜、子どもたちの就寝後、来年度担当授業のシラバス入力を開始する。休日なのに100%の休日として過ごせないのは、もはや職業病かも。でも、そうしないと、勤務日の労働密度が上がって、結局後でもっとしんどくなる。

【1933】

マルタ・バヌアツ・セイシェル

妻の許可を得て、11時半まで眠る。午後も3時間ほど昼寝する。疲労が取れず、体が眠りを切望しているため。

こんなわけで今日は寝る(&食べる&風呂に入る)こと以外にほとんど何もしていない。同僚UEMR先生の退職記念号に寄稿した論文の初校ゲラのチェックを少しやった程度。

f:id:nakcazawa:20220115213139j:plain

スーパーLIFEの魚介類売場。産地表示がおもしろい。マルタ、バヌアツ、セイシェル・・・と実に多彩。最近はこうなってるのか。

【2318】

2021年度の授業は残り2日

雪は一晩中降り続いた。とても寒い朝。気温は氷点下。

2-5限、大学院。英書講読(5限)は今日が最終回。経済学説史研究(2限)と大学院ゼミ(3-4限)のほうはもう1回、来週(1月21日)に補講を実施する予定。学部の授業のほうは来週月3の21期(2回生)ゼミが残っているだけ。2021年度の授業はようやく残り2日、ゴールが見えてきた。

今週は火-金の4日勤務だったにもかかわらず、ものすごく疲れた。昨日・今日は、通勤電車内で語学の勉強をする余力がなく、ほとんど眠っていた。

【8180】

ゼミ紹介の取材を受ける

午前、経済学部HP(ゼミ紹介)関連の取材を受ける。午後、卒論報告会関係の残務(動画編集&アップロードなど)の処理、他ゼミ生の卒論の副査(終了)、人事課への相談、経済学説史の講義(5限、最終回)、等々。

ゼミ関連の取材はけっこう頻繁に受けている気がするな。この前は2016年末(15期生)だったか。*1それにしても、なぜいつもゼミばかりなんだ? 僕は研究のほうも教育に劣らずしっかりやっている自負があるのだが。研究に関して取材を求められることが少なくて(もしかして一度もなかった?)、研究者として認められていないみたいで、さびしいな。

夜になって京都では雪がかなり強く降ってきた。

f:id:nakcazawa:20220114004310j:plain

【9806】

卒論報告会のアンケート

京都は雪。寒い。

会議2つ(入試→組合)。山積する雑務をかなり片づける。18時から副学部長SさんとGoLD(国際化)委員会に関する打ち合わせ。

遅まきながら、卒論報告会にお越しくださったご父母のアンケート(自由記述欄)を拝読する。かなり満足していただけたようだ。開催の負担感は決して小さくないが、こういう良い評価をいただけると、「来年もがんばってぜひ開催しよう」という前向きな気持ちが湧いてくる。

ロシア語の勉強。『これならわかるロシア語文法』の117ページまで(全381ページ)。

【7978】

会議を3つはしごする

息子の幼稚園は先週金曜(7日)に始まったが、娘の小学校は今日から。これで家族全員が平常モードにチェンジ。今年の抱負は特にないのだけれど、原稿(論文)は強い依頼があれば引き受けて書いてしまうような気がするので、今から考えても仕方がない。実りある50代後半の研究者人生のために、ロシア語・中国語・ドイツ語(優先順位の高い順)の基礎トレーニングの時間を優先的に確保できる1年にしたい。それと同時に、昨年はロシア語を優先するあまり、読書をかなり犠牲にしたので、今年は本もたくさん読みたいな。コロナは収束の見通しがまだ全然立たないから、ドラマーnakcazawaの復活には、まだけっこうな時間を要しそうだ。

現在、経済学史学会で常任幹事として研究奨励賞選考委員会の委員長を務めているが、第19回(2021年度)研究奨励賞の審査結果の提出締切を昨日に設定していた(&委員7名全員が締切を守ってくれた)関係で、今日は朝一でその結果のとりまとめ作業を行う。その後、会議を3つはしごして(入試→組合→入試)、16時に解放される。18時まで事務書類作成・メール返信を中心とした雑務。天六のマッサージに立ち寄ってから帰宅する。

通勤は往路で佐々木隆治『カール・マルクス ──「資本主義」と闘った社会思想家 (ちくま新書)』を読み、帰路でロシア語の勉強。『これならわかるロシア語文法』の112ページまで(全381ページ)。

【9581】