Neil and Rush and Me

Neil PeartのドラムとRushの音楽をこよなく愛する大学教員の日記(雑記)帳です。

授業が一巡する

今年度春学期の月曜日はゼミの日。

午前中は本日午後の授業の準備。配布プリントの作成・コピーなど。昼休み、学部長と(明後日の)教授会の議題の打ち合わせ。

3限、11期(3回生)ゼミ。今日が記念すべき第1回ということになる。例年通り、春休みの課題である書評の品評会からスタート。「良い書評の条件とは何か?」をテーマとしたグループ・ディスカッション。M尾さんの書評が最優秀賞を獲得し、彼女の選んだ本が最初のテキストに決まる。これ。

あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)

あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)

4限、10期(4回生)ゼミ。就職活動真っ最中ながら、12名中9名が集合。集まりの良さはどの期でもnakcazawaゼミの誇り。就職活動についての情報交換&リフレッシュメント。来週から、これも例年通りだが、卒業論文書き方講座をスタートする予定。

(大学院を除く学部の)授業が今日で一巡した。*1実は、かなり不快な出来事があったが、ここに書けるような内容ではないし、自分としては一晩寝て、気持ちを一新して頑張る以外にどうしようもないので、そうすることにする。

【5532】

*1:大学院は来週月曜5限からスタート。